フレプレ

HOME» フレプレ »フレプレ イベント

フレプレ

フレプレ イベント

 
  『フレプレ』は企業と入社予定者が定期的に接点を持つ絶好の場です。
本イベントは、弊社の新入社員向け研修をお申込いただいた企業様の
内定者フォローにご活用いただけるように企画させていただきました。
内定から入社までの期間、入社予定者のモチベーションを維持するために
この機会をご活用ください。
 
 
 
         
    IT業界で活躍中のスピーカーによる講演(プログラム1)  
         
   八尾 憲輔 氏
 Meetscom株式会社
 代表取締役 CEO & Founder
  プロフィール
阪神淡路大震災を機にFEYNMANの親会社であるマーズ(株)を神戸にて創業
その後、本拠を大阪、東京へと移し、2008年7月には、スマートフォンアプリ専業の株式会社FEYNMANを設立し代表となる。
FEYNMANでは、自社アプリとして『ゆるふわ育成ゲーム MEGU』、『True or Lie』、『imacoco』などのヒットスマートフォンアプリを多くリリース。
2011年11月には、グリー株式会社に会社ごと売却。その後は単身アメリカに渡り、次に手がける新しい事業の種を探してMeetscom株式会社を設立。
 
         
    新社会人へのメッセージ(プログラム2)  
         
   堤 久美子 氏
 一般社団法人アイアイ・アソシエイツ
 理事長
  プロフィール
特定非営利活動法人ファミリーカウンセリングサービス
家族関係心理士 不登校カウンセラー
人間教育の分野で「個の発展」を目的とした講座・セミナーの創作、提供。
講師養成講座・リーダー養成講座の創作、提供。
 
         
 
  2016年12月8日(木) 14:00 - 16:30(開場13:45)  

 
ヒューリックカンファレンス
浅草橋

Room3

 

東京都台東区浅草橋1-22-16
ヒューリック浅草橋ビル3階

地図はコチラ

 
【アクセス方法】
JR浅草橋駅[西口]より徒歩1分
都営浅草線 浅草橋[A3出口]より徒歩2分
 
     
 
 
         
    フレプレのお申込みには、弊社2017年度新入社員向け
 IT技術者研修のお申込みが必要になります。
 
         
 
 
  ※開催予定日、時間および場所は、変更になる場合がありますので予めご了承ください  
 
 
  フレプレのイベントプログラムは前半と後半の2部構成になっています。
第1部ではIT業界の先駆者や活躍中のスピーカーによる講演。
「エンジニアの楽しさ・未来を発見!」をテーマにお話いただきました。
第2部では社会人基礎力についての講義。
「社会へ出る心構えを芽生えさせる!」をテーマにお話いただきました。

過去のイベント詳細については、下記リンクからご覧ください。
 
 
  第1回 フレプレ 8月25日(木)  
 
 
      プロフィール:
1982年関西大学工学部卒業後、日本電気(NEC)に入社。
電子機器やIT機器に搭載するCPU(プロセッサ)などの設計・開発に従事。モノがネットに接続される時代を予見して2003年に企業の枠を越えた交流の場(UCサロン)を開設。
2011年独立。IT業界の活性化を目指し活動中。
 
 
  これから情報系の企業で活躍されるみなさんに、
新しいチャレンジのための行動指針を見つけて頂く、一助となることを願います。
   
 
      プロフィール:
特定非営利活動法人ファミリーカウンセリングサービス
家族関係心理士 不登校カウンセラー
人間教育の分野で「個の発展」を目的とした講座・
セミナー創作・提供。
講師養成講座・リーダー養成講座・創作、提供。
 
 
  もし、自分の人生で何を為すべきか知りたければ
・自分のSHAPE(精神性、心、能力、個性、経験)を
 見つめること
・教育と体験をし続けること
そのことによって自分が誰かが形つくられていきます。
   
  イベントに対するお客様評価  
 
  「フレプレ」に対するお客様満足度調査として、イベント終了後に内定者ならびに参加企業様を対象にアンケートを実施いたしました。  
     

 

  2015年度の開催  
 
fp01
 
fp02
 
fp03
 
 

    フレプレのお申込みには、弊社2017年度新入社員向けIT技術者研修の
 お申込みが必要になります。
 

 

フレプレ

HOME

ニュースリリース

ISO支援サービス

エンベックスエデュケーションの研修品質

対談|トップリーダーに聞く

採用情報

株式会社エンベックスエデュケーションは、
プライバシーマークを取得しており、
適正な情報管理をおこなっています