人材育成

HOME» 人材育成 »人材育成概要

人材育成

人材育成概要

 
 
  エンベックスエデュケーションの新入社員向け技術者研修コースでは、技術者に必要な基礎知識からプログラム言語、実践的なプロジェクト型演習を通じて、貴社の将来を担う成長し続けるエンジニアの土台をつくる研修を行います。

厚生労働省の認定を受けた体系的なカリキュラムにより、短期間でエンジニアとしての基礎知識、実践的な技術力の修得、ヒューマンスキルの向上が可能です。
 
※厚生労働省の助成金についてはこちら
 
 
  初級・中級・上級など、エンジニアの経験や業務に合わせ、さまざまな研修・講座をご提供しています。
開発技術の修得だけでなく、コンピュータ・ハードウェアの理解、ネットワーク、プロジェクト管理手法、
技術営業、ヒューマンスキルなど多彩な研修を組み合わせることで、スキルアップや新しい言語への
スキルシフトなど貴社のニーズにあう内容をフレキシブルにご提供いたします。
 
  中堅社員向け研修講座    
 
  ・基礎技術系
・開発技術系
・言語系
・オブジェクト指向系
・組込み系
・Web系
・スマートフォンアプリ系
・インフラ系
・ヒューマンスキル
 
  詳しくはこちら    
 
         
  社内エンジニアのスキルレベル調査から人材育成プランの策定まで、エンジニアの教育・育成に関するコンサルティングサービスを提供いたします。
特に、組込みエンジニアへは、ETSSフレームワークに基づいた総合的なスキルチェックを実施し、実践で活躍するエンジニアの指標をご提案いたします。
 
研修を自社内の講師で実施するご要望には、講師の育成支援や、エンベックスエデュケーションの研修教材もご提供しております。
 
貴社の方針に合う、ITエンジニアの人材育成を総合的に支援いたします。



※ETSS:組込みスキル標準。
   Embedded Technology Skill Standardsの略称
   
 
 
  海外進出(オフショア開発)を検討・実施する際に非常に重要となるのは、国内において海外との連携を担う海外事業部門の人材です。

海外事業部門の成果が海外進出の成否を握っていると言っても過言ではありません。国内の要求・仕様の取りまとめ、言葉や文化の異なる海外への情報伝達は、システムの品質や納期、コストに直結するため、非常に難易度、リスク共に高く、経験が必要な業務といえます。

これまでの国内におけるシステム開発であれば、日本人同士の曖昧な仕様取り決めのプロジェクトでも、必要なことは無言で配慮するという「日本的な常識」が通用していました。

しかし、オフショア開発において、この常識はまったく通用しません。エンベックス
エデュケーションのエンジニアリングサービス、人材育成と海外展開によって得た、そのリスク回避や運営の総合的なノウハウを、研修を通じてグローバルに活躍できる人材の育成に貢献いたします。
   
 
 

  ※講師を委託することがあります